User-Agent: * Disallow: / 育自 なんにもない、なんでもない・・・shiawase

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

育自

2011/06/07 Tue 22:58

寝起きのらくちゃんですが・・・

先日、学童で行われたオセロ大会で優勝したらしく、賞品をもらってきました。
P6077675_R.jpg
大好きな折り紙でした。

そして、学校ではひらがな合格のシールをもらってきました。
P6077691_R.jpg

一番に合格したそうです。
P6077688_R.jpg

初めての宿題。

ひたすらひらがなの練習の日々で、怒りながら・・・泣きながら・・・時には途中で寝てしまい、朝学校でやってたみたいですが、一通り終わったらしいです。

上手に書けるようになった人から合格して練習がなくなるらしい。

やったね!これでひらがなの練習終わり!(ただ、まだカタカナ、漢字と続いていくけどね・・・。)
ブーブー言ってなかなか進まない宿題に、うちだけ?と心配してたけど、これで自信がついて勉強楽しくなってくれるといいな。



今回、何でも一番になるってことはすごいよ。良かったね~と伝えました。
親としては、一番になったことより、本人が嬉しそうな姿を見ることが嬉しい!

何でもできることに越したことはないけど、あまり期待しすぎるのも本人には負担になるし、挫折したときが怖い。
なので、最近は「人には得意、不得意があるんだよ。」と言ってます。

例えば、
「らくちゃんは工作が得意だよね~赤ちゃんのお世話が上手だね~すごいね~。」
「ゆあちゃんは洗濯をたたむのと、お片づけが得意だね~すごいね~。」と。

そうすれば、出来ないことや苦手なことがあっても不安にならないし、出来る人を見て素直にすごいって認められるかな~と。
得意なことや好きなことを伸ばして、自分に自信が持てたり、自分が好きでいられれば、自分も他人も大切に思えるかな~と。

そして、よく子どもは親の所有物じゃないって言うけど、まさにその通り。
一応、正しい道に導いているつもりだけど、本当に正しいかはわからない。

なので、子どもの意見もちゃんと聞き、大人だって間違えることもあるし、ダメなこともしちゃうことも・・・と否を認め、謝る。

「育児」は「育自」って教えてもらったことがありますが、
ほんとにそう思う毎日です。

自分の子どもの頃の経験や想いを思い出しながら、自分が失敗してきたことを今に生かしてるって感じ。いわゆる反面教師。
若い頃は、年をとるのってやだなぁって思ってたけど、今でないと分からなかったことがいっぱいの日々。
これからも新しい発見をして、「育自」していくんだろうな。

そんな日々感じてることを、ちょっと書きとめておきたい気分になった出来事でした。
スポンサーサイト
つねひごろ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。